男性の薄毛対策!原因をチェックして毛活しよう!

もしかして薄くなってきた…?そんな悩みを持つ男性に

最近、薄毛に少し心当たりの方は多いのではないでしょうか?

厳しいことを言うかもしれませんが、よく聞いてください。

一度ハゲてしまうと
あらゆる薄毛対策が「手遅れ」になる可能性があります。

手遅れにならないためには、「毛活」が重要になります!

「毛活」とは
脱毛症の原因把握をしっかりと行った上での悪化防止策です。

薄毛の進行を予防し
AGA(男性型脱毛症)などによる薄毛や抜け毛を手遅れになる前に食い止める対策を取ろうという方針です。

こちらの記事では薄毛対策のお役に立つ情報を、特に薄毛の原因を中心に調べてみたので紹介していこうと思います。

毛活してみませんか?男性薄毛の悩みを本気で考える

☑雨に濡れると頭皮が目立つ気がする
☑朝のセットで髪の毛が抜ける
☑おでこが広くなった気が…生え際の後退が気になる
☑髪にボリュームがなくなってきた
☑最近頭の上がひんやりする…

もし
あなたがこれらの悩みを持つ30代男性ならば、老化が始まる前に薄毛対策を始める絶好のタイミングです。

なぜなら、老化が進んでから薄毛対策を始めてしまうと
AGAの進行により毛根が死滅してしまい、あらゆる対策が手遅れになるかもしれないからです。

AGAは薄毛の原因の一種です。
このAGAとは、男性ホルモンであるテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結び付くことで生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因でヘアサイクルが乱れ、毛髪の成長期が短期間になってしまうもの。

名前に男性型とついていますが
女性が発症する可能性があります。

AGAの症状は進行性です。
最後には頭皮にある毛根が死滅して髪の毛が生えてこなくなくなってしまいます。

手遅れにならないためには、最初に挙げたようなサインにできるだけ早く気付くしかありません。

手遅れになる前に、薄毛の進行を食い止める毛活を行うことが大切です。

薄毛の理由様々で、AGAだけではありません。

生活習慣が薄毛の原因ではないか一度確認したうえで
毛髪や頭皮へのケアをはじめ、薄毛の進行を少しでも食い止めませんか?。

男性薄毛と抜け毛の原因をまとめてみました

薄毛や抜け毛の原因にはどんなものがあるのでしょうか?

まず挙げられるのが、遺伝的なものである体質です。

行き過ぎたセットで頭皮がべとついているのも、悪い影響を与えます。

食事や運動をはじめとする生活習慣も、薄毛を進める原因となる可能性があります。

ストレスをなかなか発散できなかったり、喫煙も悪影響を与えます。

悩みが多くネガティブになってしまうとハゲやすいなんて説もありますが、本当でしょうか…。

遺伝が原因?遺伝子からしてハゲやすい人

AGAになりやすいかどうかは、確かに遺伝します。
DHTの影響を受けやすい体質かどうかは、遺伝による側面を持ちます。

そうはいっても
自分の父親や父方の祖父が薄毛だったからといって自分も薄毛が遺伝するという簡単な話でもありません。

AGA発症にはいろいろな遺伝子が関係しています。
関係する遺伝子の一つは性染色体のX染色体上に存在しています。

男性のX染色体は100%母親から遺伝します。
ですから、この時点で父親や父方の祖父から遺伝するという可能性はなくなります。

むしろ、母方の遺伝の方が大切になってきます。

セットのしすぎで頭がベタッとしている人

近頃は男性でも髪型に気を使う方は多いのではないでしょうか。
スタイリング剤をたくさんつけすぎて地肌がギトギトしているのは良くないです。

つけすぎたスタイリング剤やほこりなどが毛穴につまらせ、毛髪の成長が妨げる可能性があります。

また、雑菌により頭皮の毛穴に炎症が起きると、抜け毛が増える原因の一つとなります。

さらに、スタイリング剤に入っている合成界面活性剤も問題となります。

その理由は、合成界面活性剤にはたんぱく質を壊してしまうような、頭皮に悪影響を与える成分もあるからです。

毛髪を野菜やくだものとするならば、頭皮は畑や果樹園のようなものですから、頭皮のコンディションが髪の毛に影響を与えるのは当然です。

髪の毛にボリュームを出すため、パーマをあててきた人もいるではないでしょうか。

こちらも問題点があり、パーマ液にもたんぱく質を壊してしまう成分が含まれているのです。

美容師のスキルが及ばず、パーマ液が頭皮についてしまうと、大切な地肌に悪い影響を与えかねません。

頭皮へのダメージを少なくするためには、クレンジングシャンプー使用などにより頭皮を丁寧に洗うことが必要ですが、そのシャンプーが別の問題を招く可能性もあります。

詳細については後ほど紹介します。

暴飲暴食・運動不足など生活習慣が乱れている人

食事や運動も、薄毛に関係があります。

食べ過ぎや偏った食事、、必要な栄養の不足、脂肪分の過剰摂取
など問題のある食生活を送っていると、頭皮は必要以上の皮脂を分泌量してしまうからです。

頭皮は紫外線が当たりやすい部分でもあり
肌の乾燥を防ぐために厚めの保護膜を張る必要があるので、身体中でで最も皮脂の分泌が多くなっています。

ですから、些細なことでも皮脂の過剰分泌になりやすいのです。
そして、皮脂が増えると毛穴に詰まりやすくなり、毛髪の成長の阻害や、頭皮の炎症原因となってしまう場合が。

食べ過ぎに気をつけていても、運動不足が原因で肥満になってしまうと、皮脂の分泌が過剰になってしまうことがあります。

加えて、運動不足の場合は、心肺機能低下が影響を及ぼすことも懸念されます。

全身の血流が悪くなると、十分な血液が頭皮まで届かず毛根の栄養が不足してしまうためです

毛母細胞に必要な養分や酸素は血液の働きによって巡っているため、血流の悪化は毛母細胞の活動低下につながる可能性があります。

あなたの生活習慣がダイレクトに毛髪へ影響してしまうのです。

ストレスをなかなか発散できない人

仕事など日々発生するストレスも、薄毛を進行させる原因一つになります。

この理由は、ストレスの影響で自律神経のうち交感神経の働きが活発になるからです。

交感神経の役割は本来、身体を「戦闘モード」にするというものです。

たとえば戦闘中に怪我をした場合
体内からできるだけ血液が失われないようにすることは重要です。

交感神経が活発になると、
末梢血管を収縮させ血の流れを悪くさせることで、出血量を抑えるという役割を担っているのです。

しかし、この働きが薄毛の悩みをさらに深くしてしまう可能性があります。

先ほども触れましたが、頭皮の血流悪化は毛髪の成長を妨げ、薄毛を進行させる原因となりかねません。

ストレス発散が苦手な場合、常に戦闘モードの身体はずっと血行不良状態になります。

その結果、毛髪がきちんと成長せず、生えてきた毛が弱く抜け毛ばかりになってしまうという事態が発生してしまいます。

喫煙者、むしろ愛煙家

近頃は煙草を吸わない、非喫煙者の方も多くなってきているかと思います。
一方で、未だに煙草をやめられないという方もいます。

喫煙が身体の健康を考える上で良い事が一つもないのはご存知だと思いますが
薄毛の問題にとっても悪い影響を及ぼしかねません。

煙草に含まれているニコチンは
末梢血管を収縮させることで血流を歩くさせる機能があります

この血行の悪化が毛髪の成長を阻害することは、前述の通りです。

最近は禁煙外来などもありますし、喫煙者で薄毛にお悩みの方はAGAと一緒に相談してみるといいかもしれません。

ネガティブな人はハゲやすい?

ネガティブ思考や悩みを引きずってしまう方は
言い換えると常にストレスを抱えているということになります。

日ごろから続くストレスが
薄毛対策にとって大きな問題であることは、先ほど説明した通りです。

ネガティブな性格の人だと
抜け毛の増加が新たな悩みの種になり、薄毛の進行を促進させるという悪循環を引き起こしかねません。

「悩むとハゲる」という都市伝説は
根拠が無いというわけではなもないのです。

ネガティブ思考や悩みを引きずることは
睡眠不足も引き起こします。

22時から2時は成長ホルモンの分泌量が増え、髪の毛の成長にとって大切な時間帯です。
このゴールデンタイムに熟睡できていると、髪の毛の成長が促されます。

夜中まで悩みが頭から離れずなかなか眠れないと、髪の毛の成長は妨げられてしまうでしょう。

さらに、免疫の疾患でもある円形脱毛症も、ストレスが影響して生じるという説が有力です。

ネガティブな性格を必ず直さなければならねいとは思いませんが
少なくとも薄毛対策という点で悪影響を及ぼす可能性は高いです。

男性の薄毛、予防と対策は?手遅れになる前にできること

それでは、薄毛を予防する毛活には、どんな方法があるのでしょうか。

まずは食生活を見直し、頭皮にとって悪影響を及ぼす習慣はないか見直してみることが大切です。

適度な運動習慣をつけることで血行や代謝を促すのも良いでしょう。

煙草をやめるだけでなく、禁酒も薄毛対策には効果があります。自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスをため込まないようにするのも大事です。

先ほども少し触れましたが、薄毛対策につながるシャンプーを使ってみるのも手です。

育毛や発毛を促進するサプリメントなどの商品を試してみるのも、おすすめです。

食生活の見直し

先ほども述べましたが
暴飲暴食や脂肪分の取りすぎは悪影響を及ぼすので
普段の食事や習慣を見直すことが薄毛の対策の第一歩です。

では、どのような食べ物を取り入れると良いのでしょうか。

それは
髪の毛にとって重要な栄養素を含んでいるものです。

具体的には
タンパク質、亜鉛などのミネラル、ビタミンです。

タンパク質といっても種類は数多くあります。
その中でも、特におすすめしたいのは「シスチン」というアミノ酸の含有率が多いものです。

髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンによって作られます。
このケラチンはさまざまなアミノ酸から合成されますが、最も多く含まれているのがシスチンです。

つまり、シスチンお積極的な摂取は髪の毛の原材料を補給することになります。

また、タンパク質は吸収の過程でアミノ酸に一度分解されてから、再び体内でタンパク質に合成されます。

この過程で必要となるのが亜鉛です。
亜鉛が不足しているとアミノ酸を多く摂取してもタンパク質が合成されません。

加えて
ビタミンB群がないと毛母細胞の分裂にはビタミンB群が必須ですので、

不足するとせっかくケラチンを摂取してもが十分に生かされません。

これらの栄養成分は、どれ重要で一つ欠けてもうまく働かないのです。

つまり、バランスの良い食事を心がけ、すべての栄養素を摂取することが大切です。

運動習慣をつける

先ほども説明しましたが
運動不足は皮脂の分泌量増加につながるだけでなく、心肺機能の低下を引き起こすことによって血行の悪化にもつながります。

適度な運動は
身体の健康を保つという点から見ても、何らかの習慣をつけるところから始めておくと良いでしょう。

おすすめは、有酸素運動です。
ウォーキングやジョギングなどいかがでしょうか。

ダイエットにもなり、皮脂の分泌が抑制されるとともに、心肺機能の向上も期待できます。

一方で、ベンチプレスなどの筋肉トレーニングをはじめとする無酸素運動はおすすめしません。

理由については後ほど説明します。

禁煙・禁酒をしておく

煙草は血行悪化の原因になるだけではなく
身体の健康にも悪影響を及ぼすので、できれば禁煙した方がいいです。

ヘビースモーカーで禁煙することがストレスになってしまう方も
少しずつ吸う量を減らしていくのが良いでしょう。

では、お酒についてはどうでしょうか。

実はアルコールを分解する過程で
髪の毛の成長に欠かせない亜鉛が消費されてしまいます。

その結果、髪の毛に必要なケラチンの作られる量が減少し、薄毛を進行させるという事態になる可能性があります。

一方で、お酒は少量であれば頭皮をはじめ全身の血の巡りを良くし、毛活にプラスとなります。

禁酒というよりは
どちらかというと節酒を心がけると良いかもしれません。

ストレスをため込まない

ストレスを上手く発散できずにため込んでしまうと
頭皮の血行が悪化してしまいます。

このことは、先ほども説明した通りです。

どんな形でもストレス解消を行うことが重要であり
おススメした有酸素運動は効果的な解消法のひとつです。

一方で、無酸素運動がおすすめできない理由は
運動がストレスの原因となり、逆効果になってしまう可能性があるからです。

もちろん、運動以外にも色々なストレス解消法があります。

例えば
音楽鑑賞、大声での歌唱、趣味に没頭する、定期的なマッサージなど思いつくだけでも色々あります。

仕事場にいながらのストレス解消は困難ですが、ちょっとした休憩においてまでストレスにさらされてるのならば解決法を考えた方が良いかもしれません。

シャンプーを変えてみる

先ほども少し触れましたが
お使いのシャンプーが薄毛を促進させるの原因となっている場合もあります。

合成界面活性剤が含まれるクレンジングシャンプーなどは
強すぎる洗浄力のせいで頭皮に悪影響をもたらす可能性があります。

洗浄力が強すぎるシャンプーを使い続けると
必要な皮脂まで洗い流してしまい、油膜のバリアを壊してしまいます。

バリアが破壊されてしまうと
頭皮を紫外線などから守れず、地肌が乾燥してフケの原因になります。

このフケによって毛穴に詰まると
髪の毛の成長を妨げるだけでなく、頭皮の炎症につながる恐れがあります。

シャンプーを適切な洗浄力のものに変えると、この問題を解決できるでしょう。

おすすめは
アミノ酸系の界面活性剤が配合されている「育毛シャンプー」と呼ばれるものです。
育毛シャンプーには、ほとんどの場合このアミノ酸系界面活性剤が配合されています。

アミノ酸系界面活性剤は洗浄力が強すぎることなく、皮脂のバリアを壊して、頭皮環境を悪化させるを可能性が低いのです。

頭皮に与える刺激も合成界面活性剤より低いです。

シャンプー後のドライヤーも、やり方に気をつけないと頭皮の乾燥につながる恐れがあります。

加えて、シャワーの後は頭皮が柔らかくなっているので、マッサージを行い頭皮の血行を促進させると毛活がより効果的になるでしょう。

育毛・発毛サプリメントを試してみる

これまでにご紹介した方法だけでは毛活として物足りないと考えるのなら
育毛・発毛サプリと呼ばれる商品から髪にとって良い栄養を効率的に摂取するのもおすすめです。

色々な種類のサプリが発売されていますが
特におすすめなのはノコギリヤシエキス配合のものです。

この成分はAGAの進行予防に期待できるからです。

ノコギリヤシエキスには
AGAの原因となるDHTの生成を抑制し、海外の研究によると1日329mgの摂取で、40%の薄毛が改善しています。

サプリには育毛・発毛効果が期待できる成分が配合されている場合も多いので、気になったら試してみるのも良いと思います。

ここまでご紹介したように、毛活といってもこれだけ多くの方法があります。

お気に入りの方法を行うのが一番ですが、毎日の積み重ねや続けることが大切です。

男性の薄毛にはさまざまな進行タイプがある

男性の薄毛には、今からご紹介する3タイプがあります。
形はさまざまですが、いずれも、AGAの特徴といっていいものです。

M字型

おでこの両端からだんだんと後退していき、進行するとアルファベットの「M」のような生え際になる。

O字型

頭頂部のあたりから徐々に薄くなり、進行するとアルファベットの「O」字型に薄毛が広がる。

U字型

おでこの中央から徐々に後退し、進行するとアルファベットの「U」字型になる。

M字型とU字型はご自身でも容易に確認できますが、O字型は簡単には確かめられません。

AGAは毛活である程度進行を抑えることができますが
年を取ってからでは「手遅れ」になるまで進行してしまう可能性も。

もし、このような形の薄毛になった場合は「最終兵器」を用いることも考える必要があります。

手遅れになってしまった男性毛活の最終兵器

ご自身でできる毛活だけでは、時すでに遅し…という方もいるかもしれません。

そんな方にご紹介したいのが植毛です。

植毛はまだ早いかなと感じる薄毛であれば
AGAクリニックをはじめとする医療機関での治療を受けてみるのも手です。

高価ではあるが効果が期待できる植毛

繰り返しになりますが、AGAが進行し毛根が死んでしまうと、もう髪が生えてこなくなります。

この死滅してしまった部分に髪を生やすのが、植毛です。

気になるのは値段です。

合成樹脂でできた人工毛を使用する人工毛植毛は数十万円から
後頭部などの自身の髪を移植する自毛植毛であれば100万円かかることもほどかかります。

高価な方法ですが、植毛手術は手遅れになった部分をどうにかする唯一の方法なので、多くの人がこの方法を選んでいます。

人工毛植毛と自毛植毛・それぞれのメリットとデメリット

植毛には人工毛植毛と自毛植毛があります。

これらの違いついて簡単に解説していきます。

まず、人工毛植毛は植毛の制限がなく、低コストで行える利点があります。

デメリットは、地肌に定着せず定期的に新しい人工毛を植え続けなければなりません。

また、頭皮に異物を植え込むということは、拒否反応を引き起こす可能性もゼロではありません。

一方、自毛植毛では自分の髪の毛を使用するため、拒否反応のリスクはほとんどありません。

髪の定着率も良く、定着した後は植えた部分でそのまま成長してくれるのも良いところです。

しかし、後頭部の髪にも限りがあるので、植毛できる数が無限でないという問題はあります。

値段が上がってしまうのもデメリットだといえます。

ちなみに日本皮膚科学会のガイドラインでは、自毛植毛を推奨しています。

人工毛植毛は推奨されおらず、扱う医療機関も減少傾向です。

クリニックで行う発毛治療

AGAの進行を阻止するためにはDHTを減らす必要があります。
そのためには、DHT生成に必要な5α-リダクターゼという酵素が鍵です。

AGAクリニックなど専門医療機関では、内服薬としてプロペシアをはじめとするフィナステリド製剤を処方し5α-リダクターゼという還元酵素を抑制し、DHTの生成量の減少によってヘアサイクルをもとに戻すことを目的とした治療が行われます。

外用薬としてミノキシジルを処方し、頭皮の血管拡張、血流促進によって髪の毛の成長力を促す投薬治療も一緒に行われることが多いです。

専門医療機関が処方した薬は、育毛剤や養毛剤、ヘアサロン、ヘッドスパをはじめとするスカルプケアと比べるとやはり改善効果は高いです。

しかし、からだへの負担も大きく、どちらのも副作用を持つ薬です。

特にプロペシアは、ED(勃起不全)や精液中の精子減少といった副作用を持ちます。

20代や30代の若年層には、これらの副作用がAGAと同じくらい深刻な悩みとなるのでしょうか。

そのため、医療機関では副作用を防ぐよう、定期的な血液検査などで経過観察を行っています。

投薬治療であまり効果が感じられなかった場合
治療薬を頭皮に直接注射する方法や、先述の植毛に切り替える医療機関もあります。

無料カウンセリングで、まずは薄毛の悩み相談にも乗ってもらえます。

薄毛治療は健康保険が適用されず
お金がかかるので、毛活をしても効果を感じられなかった場合の最終手段かと思います。

男性の薄毛・抜け毛は早めの対策が大切

ここまでをまとめると
薄毛・抜け毛には毛活という対策を若いうちから始めることが最も重要です。

老化が進み、カツラや帽子を手放せなくなってからでは手遅れです。

そこまで進行してしまうと、毛根が死滅しており、毛活の効果が発揮されないからです。

特に毛が細い人や体毛が濃い人はDHTの影響を受けやすい体質ですので、早めのケアが必要です

これまで挙げた点について気を遣いながら日常生活を送り、毛活関連の新たな情報も欠かさずチェックしていくと良いです。

頭皮のコンディション悪化で抜け毛が?そんな人に朗報です

薄毛の原因の一つに、皮脂過剰による毛穴の詰まりを紹介しました。

皮脂の詰まり防止には、シャンプーを使って毛穴を清潔に保つことです。

使うシャンプーにもこだわった方が良いです。

しかし
シャンプーの前にやっておくべきことがあります。

それは頭皮をよく温めておくことです。

つるんと禿げ上がっている部分がテカっている頭を目の当たりにしたことはありませんか?

この理由は、皮脂の詰まった毛穴増え、毛髪の成長を阻害しているからです。

毛穴を詰まらせないためには、まず毛穴を温めて十分に開かせた状態でシャンプーする必要があります。

おすすめの頭皮の毛穴温め方法

頭皮の毛穴を温めるには、単にお風呂で湯船に長く浸かるだけでは不十分です。

レンジで温めるタイプの湯たんぽを使用する方法が良いでしょう。

まずレンジで湯たんぽを温め、前頭部など毛穴の詰まりそうな部分にあてて、湯たんぽを固定します。

心地よくと感じるくらいが良いと思います。

その後、20~30分ほど温めたらシャンプーをしましょう。

普段べたつきが気になる肌であれば、頭皮の脂がごっそりきれいになったと感じるかもしれません。

シャンプー後はトニックウォーターなどで頭皮のケアをしましょう。

このような頭皮の毛穴ケアを行うと頭皮の血流が良くなり、髪の成長にも効果的です。

頭皮の温めは簡単だが、やる価値はあり

先述した育毛・発毛サプリメントを併用するのも悪くないと思います。

ただ、簡単な方法ではありますが毛穴をしっかり温めて汚れを落として清潔に保つだけで薄毛が改善したという例も実際にあります。

なので、頭皮マッサージも合わせて、頭皮の温めケアをぜひお試しください。