モテない男におさらば!筋トレでフェロモンと男らしさを身にまとおう!

モテない男には原因がある

ぽんたです。
モテない男たち、私たちの悩みは深刻です。

ぽんた
ぽんた
そう、私も仲間です笑。

でもね。
最近は少しモテるようになってきた気がします。

それは
筋トレを始めたから笑

やっぱり
モテないと自覚した瞬間に何かチャレンジしないと未来は変わらないですからね。

ぽんたがまず行なったのは
モテない男に該当する原因を少しずつ減らしていきました。

そのモテない原因を解消するために大きく役立ったのが
筋トレです!

モテるようになる方法をお伝えする前に
モテない男性たちにはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

モテない男の主な特徴とは?

モテない男にはモテない原因や理由が明確にあります。
そういえば、ぽんたにもたくさん当てはまっていたし
これじゃモテないのも仕方ないと思いました。

では
モテない特徴を見ていきましょう。

①見た目がモテない

不潔・清潔感に欠けている

女性が一番嫌いな男性の特徴は不潔、不衛生にみえる男性です。
清潔感がないだけ、内面までだらしなく見られてしまいます。

つまり
どれだけ内面が良くても見た目に清潔感がなければ
女性たちから敬遠されても仕方ありませんよね。

太りすぎている・痩せすぎている

外見的な特徴として
やはり太りすぎていたり、痩せすぎていると印象を下げてしまいます。

太っている人は
女性目線で見ると自己管理ができていない人に見られます。

清潔感がないのと同じように
だらしない人間だと思われてしまうわけです。

また、太りすぎている人より、痩せすぎている人の方が良いとされてますが
女性は自分より細身の男性と歩くと自分が太ってみられてしまうという理由もあって
痩せすぎている男性も食事に気を付けて適度に身体を作っておかないといけませんね。

自分に合った服装にしていない

服装に関してはオシャレであるのに越したことはないのですが
あまりにもファッションに無頓着であったり、自分らしいスタイルを貫きすぎていても
女性が一緒に歩くのが恥ずかしいと思われたらマイナス点になってしまいます。

せめて
ファッション雑誌にあるような年相応の着こなしは身に着けておきたいですね。

②立ち振る舞いがモテない

姿勢が悪い、猫背

姿勢がいいか悪いかって日頃意識しませんよね?
でも姿勢が悪いと元気がないイメージや自信のないイメージを持たれるそうです。

デスクワークでつい猫背が癖になっているような人は
姿勢を意識して背筋を伸ばして歩くようにした方がいいですね。

ネガティブなボディランゲージやしぐさ、クセがある

例えば
腕組んだり、不用意な咳払いをしたり
すぐに落ち込むような表情をしたり、こういったマイナスな印象を与えるボディランゲージは印象を悪くしてしまいます。

ついついやりがちなところですけど、常に見られている意識で変えていくといいでしょう。

マナーや年相応の振る舞いができていない

年齢の割に若い頃のヤンチャな気分をお持ちの男性に多いんですけど
路上にツバを吐いたり、ゴミを捨てたり、当たり前のことなんですけど
マナーができていない人はモテません。
これは女性だけでなく誰からも好かれませんよね。

③性格でモテない

性格が暗い、卑屈な性格

明るい人と暗い人なら明るい人と一緒にいたいと思うでしょうし
意気地なしであったり、いじけているような卑屈な人といると相手を疲れさせてしまいます。
ウジウジしている性格は誰からも好かれません。

やさしすぎる性格

女性はやさしい人が好き、といいつつもやさしすぎる男に魅力を感じません。
やさしすぎるというより自分のものさしがなく、ただ相手に合わせているだけ。
やさしすぎる性格は男性としてみてもらえなくなるリスクを抱えています。

思いやりがない性格

思いやりがない人とは
感謝ができなかったり、相手が困っている時に助けなかったりするような人をいいます。
いつも自分は助けてもらっているのに、相手が困っている時に自分の手を差し伸べない。
これでは女性たちが離れていきます。

④コミュニケーションでモテない

話を聞くのが下手

聞き上手の人って女性から好感度が高いんですよね。
でも、ちゃんと聞けているかというとなかなか難しいでしょう。
リアクションや表情、相づち、返事をするなど相手にあなたの話をちゃんと聞いていますよ、という姿勢を見せられているかどうかがですね。

話がつまらない

話がつまらないのは
相手の知りたい話や興味ある話を意識的にしてあげられていないからなのです。
自分の好きな話ばかりしても、相手が楽しいかどうか全く別です。
女性にとって興味のありそうな話、好きなこと、知りたいことって何でしょうか?
お互いの共通点が見つけられたらもっと会話は弾むと思いますよ。

ユーモアがない、ボキャブラリーがない

毎回話に落ちをつけるようなテクニックを求められているわけではありません。
ただ、ユーモアって相手を笑ってもらおうとか、相手を楽しませようとするサービス精神なんですよね。
日頃からサービス精神があるような人ならユーモアのあるコミュニケーションができるでしょう。

ボキャブラリーがないのは言葉や単語の意味を知らないと起こります。
もっと言葉を上手に操れるようになるためには本をただひたすら読むだけでなく、わからない言葉や普段何気なく使っている単語の意味を理解するようにしましょう。

モテない男がまず変えるべき行動とは?

①見た目を変えるべく行うこと

ぶよぶよのお腹よりも引き締まった身体の方がモテる確率は上がります。
でも、見た目を変えるには筋トレと食事は重要な要素です。

特に太り気味な人は筋トレをしながら、食事制限を行いましょう。
痩せ気味でひょろひょろした体つきなら、たくさん食べながら筋トレをするとよいでしょう。

②姿勢を良くするために行うこと

日頃から仕事上、前かがみの姿勢が続いて猫背になっていたりしませんか?
身体に猫背の姿勢がクセづいている人は背中の筋肉や肩甲骨周りの筋肉を鍛えるようにしましょう。
胸を張って正しい姿勢を作れるようになると男らしさや魅力アップにつながります。

背中だけでなく、胸の筋肉も鍛えてあげるとより男性らしいカラダつきになります。

③ポジティブな性格になるため行うこと

ポジティブな性格とは生まれつきのものと経験を積んでいくことでついてくるものがあります。

生まれつきネガティブだから無理・・・

そんな人こそ
ポジティブになれる習慣を身につけましょう。

ポジティブになれる習慣の代表といえば
運動、筋トレです。

なぜ
筋トレをするとポジティブになるのか?

それは
セロトニンという
別名、幸せホルモンといえる物質が脳内で作られます。

このセロトニンが作られると性格を明るくしてくれたり、幸せな気分が強くなるので自分に自信がつき、周りにやさしくなれたりもします。

なので
筋トレでポジティブ思考が作られるのは科学的にも証明されているんですね。

俺ってネガティブなんだよね~
っていう人ほど、筋トレからはじめてみましょう!

④コミュニケーション力を上げるために行うこと

コミュニケーションには
言語的コミュニケーション非言語的コミュニケーションがあります。

言語的コミュニケーションを高めるには
本を読んでたくさん知識をつけたり、本から言葉や言い回しを学ぶことが大切です。

実際に
コミュニケーション力が高い人ほど
よく本を読んでいるという研究結果があります。

物事をたくさん知っている方が話せる内容が多いですし
さまざまな伝え方やたとえ話を持っている人の方が話題が豊富です。

実は
それよりも大事かもしれないのは非言語的コミュニケーションですね。

非言語的コミュニケーションについては
メラビアンの法則で説明します。

メラビアンの法則では
相手の第一印象を決める割合として

  • 外見や見た目➡55%
  • 声の質やトーン➡38%
  • 言葉の意味や内容➡7%

という割合であると説明しています。

つまり
外見+声質で93%
言葉の意味や伝えている内容は7%

言語は7%、非言語が93%で相手の第一印象を決めているということなんですね。

ぽんた
ぽんた
これ
やばいですよね?

どんなに良いこと、正しいことを言っていても
身だしなみ、清潔感を含む見た目や声のトーン、大きさ、抑揚などが悪いと
良い情報として認識してもらえないということなのです。

ですので
コミュニケーション力とは
まず非言語的コミュニケーションで決着がついているということを理解しておくといいですね。

モテない男こそ筋トレでフェロモンを増やそう

では
モテない男代表のぽんたが少しずつ効果を感じ始めている筋トレの効果やメリットについて
お話していきますね。

①筋トレでモテフェロモンが分泌される

筋トレをすると
セロトニンが分泌され、ポジティブな気持ちになれると書きましたが

もうひとつ
大事な物質であるテストステロンという物質も分泌されるようになります。

テストステロンとは
別名、モテフェロモンといい、男らしさを強調する男性ホルモンなのです。

このテストステロンこそ女性にとっては
魅力を感じさせるフェロモンで、筋トレすることによって高めることができます。

ぽんた
ぽんた
男性ホルモンっていうと
ハゲる、とか毛深い男のイメージがあるんですけど。。

そんなふうに思った方もいるでしょう。

テストステロンには
2種類あります。

ひとつは
テストステロンなのですが

もうひとつは
ジヒドロテストステロンという物質。

テストステロンは男性の魅力を引き上げてくれるのに対して
ジヒドロテストステロンは逆に

  • 薄毛の原因
  • ヒゲの濃くなる原因
  • 体臭や口臭がくさくなる

などのうれしくない効果が強調されるようになります。

このジヒドロテストステロンについては
またリサーチしてお伝えしますが

運動をすることによってジヒドロテストステロンの分泌を抑えることができるそうです。

なので
薄毛になってモテなくなる前に
運動習慣、筋トレをはじめておきましょう。

②モテフェロモンの効果は仕事にも好影響

このモテフェロモンこと
テストステロンは外見の男らしさを醸し出してくれるだけでなく
仕事の効率を上げたり、集中させるうえでも重要な役割を発揮してくれます。

例えば
FXや株式投資などのトレーダーの方が午前中にどれだけテストステロン値の高い状態が作れるかで
その日の売上や取引に好影響を与えるという話があります。

テストステロンは仕事でのパフォーマンスを上げるために必要なフェロモンなのです。

仕事ができる人はたいがい女性からもモテます。
それはなぜかというと女性は頼れる男、経済的にも精神的に安定している男性を好むからです。

ですので
筋トレによりテストステロン値を上げ、その勢いを仕事にぶつけ、成果を出す。

そして
仕事でも恋愛でも結果の出せる男になる。

これが筋トレによるテストステロンの効果です。

③モテフェロモンは自信をみなぎらせ、女性たちの視線を集める

モテフェロモン(テストステロン)が出ている男性は自信のある男に見えるようです。

なぜなら
女性は一般論ですが男らしい人を好きになるからです。

女性は人類の歴史においても良い遺伝子を残すために、より強くたくましい男性との子孫を残すようにインプットされています。

より男性らしさをアピールするためにはテストステロンの分泌を高める筋トレや運動がおすすめです。

④モテフェロモンを簡単に出す方法

では
ここまでモテフェロモンも出すために筋トレや運動をしようと話してきました。

毎日ジムへ行ったり、自宅でトレーニングするにはなかなか時間が作れないという人もいるでしょう。

もっと簡単にテストステロンを味方につける方法はないの?

そう思いますよね。

そこで
筋トレ以外でもテストステロンを高める方法についてお伝えします。

食事やサプリメントでテストステロンを高める

テストステロンを高めるには
亜鉛やタンパク質、ビタミンDなどを積極的に摂取することをおすすめします。

亜鉛が摂れる食事としては
牡蠣や豚レバー、卵やチーズが代表的な食材で、サプリメントで摂取するのもいい方法です。

タンパク質の多い食材は
鶏肉や卵、アジやマグロなどの魚介類、豆腐や大豆などです。
これらも効率よく摂るならプロテインを飲むのも良いでしょう。

ビタミンDは
主にサンマやイワシ、サーモン、キノコ類などから主に摂れますが、こちらもサプリメントから摂ると効率的ですね。

日頃の食事やサプリメントなどからテストステロンを高めていくことで男らしさを演出することができます。

フェロモンでテストステロンを高める

フェロモンが出やすくなる香りなどを使うのもテストステロンの分泌に有用性があるようです。

こちらのページにも詳しく書きましたが
コレウスホルスコリ根エキス、チャ葉エキス、プロパンジオールをまとめてセンスフィールと伝えている
ボディセンスという商品にはテストステロンをサポートしてくれるニオイ成分があるようです。

どちらにしても
ニオイをつけるだけでテストステロンが高まり、男らしさが身にまとえるなら簡単ですよね。